2014年01月04日

結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性

結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性



就職スクールでは、自分の面接している姿をカメラで撮ってもらい
その姿を分析したりしていました。

また、同じ就活生同時で面接官と受験生の役を交互にやる、
いわゆる模擬面接もいっぱいこなしました。

でも、いつも「こんな練習でいいのかな?」と不安に思っていました。
本番で果たして役に立つのだろうかと・・・

このおかげで自分の面接に変な癖がつき、最初に出てくる若手社員には
バレなくても、面接慣れしたベテラン社員にそれを見抜かれ

“素”の姿、着飾っていないありのままの実力を見極めようと
変則的な面接をされ、結果的に面接も難しくなって選考に落ちる可能性が
高くなっていたと分かったのは、だいぶ後になってからのことでした・・・


今だから話せますが、こんな恥ずかしい事ばかりしていたのです。
これでは選考に通りませんし、就活が楽しくないのも当然です。

キャリアセミナーに参加して「自分に正直になろう」と決心したことで、
初めて私は“自分が心の底からやりたい事”に気づくことができ、
その後“内定ハンター”への道を歩んでいくことになります。


2015年度「就職活動」の内定マニュアル
【 スゴイ内定術 】 〜満足のいく内定を取りたい学生の方へ〜
タグ:面接
posted by 面接さん at 05:08 | 大阪 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
簡単・効果的な面接必勝法